オンラインカジノ 違法性

日本国内でオンラインカジノをプレイすることは違法ではありません。
しかしながら、厳密な言い方をするのであれば、「合法でもないし、違法でもない」というのが正しい言い方になります。
どういうことかといいますと、実は現在、オンラインカジノのプレイに対して、罰する法律が存在しないのです。

日本国内で賭け事をすることによる罪(賭博罪)、賭け場を開いたことによる罪(賭博開帳罪)は、
以下の①、②が同時にそろった場合のみ成立するのです。
①賭け場を開いた者に違法性があること。
②賭けた者に違法性があること。

日本国内でオンラインカジノをプレイすると②には抵触します。
しかし、①には抵触しないのです。
なぜなら、賭け場が開かれているのは海外であり、しかも公の正式な海外のカジノ運営ライセンスを取得した運営会社が健全に経営しているからです。
つまり、賭け場を開いている者は、海外の法律下にあり、海外の法律下において完全に合法な状態で運営されているのです。

そのため、①には抵触せず、日本国内でオンラインカジノをプレイしても違法にはならないのです。

日本国内にいるとカジノはなじみのないものですが、海外、特にライセンスを取得している運営会社のある国では、
カジノは非常になじみのあるもので、テレビCMで宣伝されるほど浸透しているんですね。
日本の文化的には異質に思えますが、海外では普通に受け入れられているという事情があるのです。


確かに、日本国内でオンラインカジノをプレイして逮捕された実例があります。
しかし、「逮捕=有罪」ではない、というのはご存知でしょうか?
そして、逮捕された3名のうち2名は略式起訴を受け入れただけであり、
さらに残りの1名は略式起訴を受け入れなかった結果、不起訴処分になったというのはご存知でしょうか?

略式起訴とは、簡単に言いますと
検察「オンラインカジノでプレイしたという罪を認めますか?」
逮捕された人「・・・認めます。」
検察「よし、有罪。」
ということです。略式起訴を受け入れるとこうなります。

では、略式起訴を受け入れない場合はどうなったのかといいますと、
検察「オンラインカジノでプレイしたという罪を認めますか?」
逮捕された人「認めません。裁判で白黒つけさせてください。」
検察「(・・・現状オンラインカジノをプレイしたことを罰する罪がない。裁判を起こしても罪を問えないかも。やめておこう。)」
⇒不起訴処分、釈放
となります。
不起訴処分とは、裁判を起こさなかったということです。
無罪にも有罪にもなっていない状態、つまり、「オンラインカジノでプレイしたことは見なかったことにする」ということです。

厳密にいうと少しややこしいですが、オンラインカジノをプレイすることは違法ではない、
というのが日本のオンラインカジノの違法性についての現状です。